スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶印作品

h2308-0s.jpg

h2308-1s.jpg

h2308-6s.jpg

h2308-9s.jpg

h2308-10s.jpg
h2308-11s_20110731222150.jpg

h2308-12s.jpg
h2308-13s.jpg
h2308-14s.jpg

h2308-18s.jpg

h2308-19s.jpg

h2308-20s.jpg

h2308-21s.jpg

h2308-22s.jpg

h2308-23s.jpg

h2308-24s.jpg

h2308-30s.jpg

h2308-31s.jpg
スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

陶印作品

h2308-7s.jpg
                             せつこ
h2308-15s.jpg
                              節
h2308-16s.jpg
                              節
h2308-17s.jpg
                              せ

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

陶印作品

image7s.jpg

image12s.jpg

image.jpg image5.jpg
              博                          幸

image6.jpg image8.jpg
              幸                         浩三
 
image9.jpg image10.jpg
              ゆき                        ゆみ

image11.jpg image1.jpg
              梓                          あ

image2.jpg image3.jpg
              ももこ                        ゆかり


                 

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

陶印教室開講の案内

陶印教室開講の案内
image1-01.jpg

講師 森 法輪(もり のりとわ)
http://iwanagahime.web.fc2.com/
フジ カルチャーサークル(グランフジ・松山)
http://www.the-fuji.com/fcc/index.html
2011年10月からの開講予定です。
第二日曜日、第四日曜日、13:00から15:00まで、(2回/月)になりました。
受講料 3150円です。

■準備するもの、筆(ぺんてる筆 太字 筆ペン)など、又はすずりと墨、
■紙(粉連 A701半紙ets)、サンドペーパー(木工用)
■辞書(篆書、金石文、甲骨文字)、西東書房-朝陽字鑑精粋(高田 忠周編) 、
中華書局-金石大字典(汪仁壽編纂)、角川-書道字典(伏見沖敬編)、
西東書房-五體字類(高田竹山監修)

雅印(画印)蔵書印などの製作。
通常は石に刻する、篆刻といいますが、粘土に彫って焼型して(磁器)にするのを
陶印といいます。

■特徴として、独特の趣がえられる。
■簡単に彫れる。
■篆刻台や印刀(自作印刀で代用)などの道具が要らない。
■絵手紙、年賀状、水彩画、書画、書、手紙の雅印、画印、印章を自分で作れます。

はじめに

● 篆刻の成り立ち
● 陶印について
● 趣味としての印
● 印稿の書き方
● 印刀の作り方
● 印材を陶土から作る
● 雅印を作る
● 窯焼き
● 作品製作、額装、裏打ち
●修得の手順

基本的に遊びのこころで楽しむこと

1 文字としての篆刻 甲骨文字、金文、篆書
2 作品観賞
陶印作品(楽篆会展、楽友会展、鴻池楽斎作品集)
3 印材の製作 陶土から印材を作る。
4 印稿の製作 甲骨文字、金文、篆書で印刻の言葉の草稿をつくる
5 篆刻の刀の使い方 入刀の方向、入れ方などの技術指導
6 窯焼き 乾燥、柚薬のかけ方、窯入れ、窯出し
7 作品の製作 作品の裏打ち、額装、展示

■開講につきまして、5名以上の会員数を条件とされました。
雅印製作に興味いただければ、参加予約をお願いしたします。

heki-4.jpg heki-5.jpg
        正之印                    正之
heki-6.jpg heki-2.jpg
         正之                    朗    

■プロフィール

昭和28年4月18日生
森 兼隆
790-0824
松山市御幸2丁目4-49
おうし座 AB型
師系 鴻池楽斎

■昭和61年
 楽友会発起に参加
(松山青少年センター定期講座)
昭和62年(1989)
 第一回楽友会展
 楽篆会参加
 楽友会展5回まで
昭和61年春季県展入選 『保』
昭和62年秋季県展入選 『禮』
平成 3年秋季県展入選 『語』
平成4年7月6日(1992年)から休眠
平成20年11月から
 篆刻製作再開。

■790-0824
松山市御幸2丁目4-49
森 兼隆
携帯 090-3157-8954


申し込み仮予約

お名前
________________________________
ふりがな
________________________________
連絡先 郵便番号 (    -    )
     住所
________________________________
     TEL (     -     -     )  年齢     性別
________________________________


よろしくお願いします。

テーマ : 作品
ジャンル : 学問・文化・芸術

sidetitleプロフィールsidetitle

かじか

Author:かじか
ようこそ、篆刻、陶印の魅力を紹介します。
趣味の風景画や俳画、水墨画、書の落款、雅印を製作してします。
陶印教室を開講しています。興味のある方はお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle■陶印の魅力を紹介しますsidetitle
陶印と言うのは、雅印や画印の印を陶磁器で製作するものです。 陶印の面白さは石では出せない和(なごみ)があります。
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。